災害の備えは平時から!防災グッズのある生活をもっと身近に!

防災セット4人用の選び方とおすすめ!家族が4人の場合を防災士が解説

防災グッズ 防災セット 4人用

この記事で分かること
  • 4人用の防災セットの選び方
  • 4人用防災セットのおすすめ

市販の防災セットは1~3人用が多く、4人用の防災セットとなるとごく限られています。

また、4人家族の構成には様々なパターンがあり、構成によって備える防災グッズが異なります。

そのため、家族4人用の防災セットを揃える場合は、家族構成に合わせて備え方を検討した上で購入しなければならず、1~3人用よりも時間がかかります。

4人用の防災セットの選び方

4人家族の場合、0~6歳の子供(未就学児)の人数によって備える防災セットが変わります。

0~6歳の子供の人数備える防災セット
0人4人分の防災セット

(3人用+1人用、または2人用×2)

1人3人分の防災セット

(3人用+子供用のグッズを買い足し)

2人2人分の防災セット

(2人用+子供用のグッズを買い足し)

MEMO

4人家族で未就学児がいる場合、「4人-未就学児の人数」分の防災セットを備えるのが基本です。

 

未就学児は大人用の防災グッズが使えない、または使いにくいので、子供の成長・発達に応じて個別に買い足し、大人用の防災リュックに入れておきます。

家族4人用の防災セットのおすすめ(未就学児が0人)

家族4人の中に未就学児がいない(家族全員が大人または小学生以上)場合、人数分の防災セットを備えるのが基本です。

備え方には、「3人用+1人用」と「2人用×2」の2パターンあります。

3人用+1人用を備える

3人用+1人用を備えておきたい家族
  • 1人分の防災セットを持ち出せない人が1~2人いる
  • 買い足す防災グッズが多く、4人分の防災セットを防災リュック3つに入れて持ち出したい

3人用の防災セットを1つと、1人用の防災セットを1つ購入するパターンです。

「夫婦+夫婦の一方の両親」など2世帯で暮らす4人家族で、家族の1~2人が1人分の防災セットを持ち出せない子供や高齢者の場合の備え方です。

健康な大人2人がそれぞれ2人分の防災グッズの入った防災リュックを背負い、1人が軽めの防災リュック、残り1人は避難に専念することを想定しています。

3人用の防災セット:ものすごい防災セットプレミアム【3人用】



3人用の防災セットは、ものすごい防災セットプレミアム【3人用】がおすすめです。

3WAYキャリーリュックが2つ付いているので、体力のない人でも持ち出しやすいからです。

3WAYキャリーリュックは、背負う、手で持つ、転がすという3つの持ち方ができ、緊急時や悪路を歩くとき以外は背負わずに転がして運ぶことができます。

女性や高齢者が2人分の防災グッズを持ち運ぶのは大変なので、キャリーリュックを使用して負担を減らすことは重要です。

MEMO

防災セットは、一度購入したら5年程度は備えておくので、今後の変化を見越して選んでおきたいものです。

 

例えば、防災セットを購入したときは健康でも、怪我をしたり病気にかかったりするかもしれませんし、時間が経つにつれて体力も衰えていきます。

 

健康状態の悪化や体力の低下を踏まえ、5年先でも持ち出せる防災セットを選びましょう。

 

「転がす」「背負う」「持つ」3WAYキャリーリュック採用 ものすごい防災セットシリーズ

1人用の防災セット:SHELTER【1人用】



1人用の防災セットは、エントリーモデルながら実用性が高いSHELTER【1人用】がおすすめです。

SHELTERの最大の特徴は、容量が35Lもある防災リュックです。

防災セットに入っている防災グッズに加え、家族のニーズに応じて買い足した防災グッズを豊富に入れておくことができます。

小さい子供や高齢の家族がいる家庭では、おむつ、入れ歯洗浄剤、老眼鏡などのグッズを買い足すことになるので、大容量の防災リュックを1つは備えておきたいところです。

シリーズ累計販売数60,000セット突破 防災セットSHELTERシリーズ

2人用の防災セットを2セット備える

2人用の防災セットを2セット備える
  • 子供や高齢者など、1人分の防災セットを持ち出せない人が2人以上
  • 4人分の防災セットを防災リュック2つに入れて持ち出したい

家族の2人以上が健康状態や体力に不安があり、家族4人分の防災セットを防災リュック2つにまとめたい場合に向いている備え方です。

例えば、子供2人が小学校低学年の場合や、高齢の両親と同居している場合などが考えられます。

大人2人がそれぞれ2人分の防災グッズを入れた防災リュックを背負い、残る2人は避難に専念することを想定しています。

この場合、ものすごい防災セットプレミアム【2人用】を2セット購入するか、ものすごい防災セットプレミアム【2人用】+SHELTER【2人用】を購入することが考えられます。

「転がす」「背負う」「持つ」3WAYキャリーリュック採用 ものすごい防災セットシリーズ

MEMO

違いは、3WAYキャリーバッグを2つ備えるか、キャリーバッグと大容量防災リュックを1つずつ備えるかの違いです。

防災セットを持ち出す人の年齢や体力などを考慮し、選んでください。

ものすごい防災セットプレミアム【2人用と3人用】の中身リスト

この記事で紹介したものすごい防災セットプレミアム【2人用、3人用】の中身リスト一覧です。

ものすごい防災セットプレミアム
2人用3人用
価格(税込)26,800円39,960円
防災リュック・キャリーリュック

・個数:1つ

・容量:約27L

・撥水:なし

・反射材:あり

・キャリーリュック

・個数:2つ

・容量:約27L

・撥水:なし

・反射材:あり

非常食・5年保存アルファ米×6(6種類)

・7.5年保存クッキー×2

・5年保存野菜ジュース×4

・5年保存アルファ米×9(6種類)

・7.5年保存クッキー×3

・5年保存野菜ジュース×6

保存水7年保存水500ml×67年保存水500ml×9
ダイナモライトLEDライト、AM/FMラジオ、サイレン、手回し蓄電、USB充電、(スマホ・携帯充電)×1LEDライト、AM/FMラジオ、サイレン、手回し蓄電、USB充電、(スマホ・携帯充電)×1
ホイッスル蓄光材あり・音量95db×2蓄光材あり・音量95db×3
簡易トイレ凝固剤不要3回セット×2凝固剤不要3回セット×3
体ふきシートノンアルコール・70枚×1ノンアルコール・70枚×2
水なしシャンプー250ml×1250ml×1
マスクあり(×2)あり(×3)
レインコート長さ110cm×幅65cm×腕78cm×2長さ110cm×幅65cm×腕78cm×3
軍手あり(×2)あり(×3)
目隠しポンチョ幅99cm×高さ119cm×2幅99cm×高さ119cm×3
ランタンLED12灯・防滴仕様×1LED12灯・防滴仕様×1
アルミブランケット213×137cm×2213×137cm×3
エアーマット長さ約190cm×幅約70cm×厚み約5.5cm×2長さ約190cm×幅約70cm×厚み約5.5cm×3
寝袋100×200cm×2100×200cm×3
ウォーターバッグ10L×110L×2
衣類圧縮袋あり(×2)あり(×3)
救急セットあり(×1)あり(×1)
乾電池単三×4単三×4

2人用と3人用で大きく異なるのは、価格と、キャリーリュックの個数(2人用は1つ、3人用は2つ)です。

SHELTER【1人用と2人用】の中身リスト

この記事で紹介したSHELTER【1人用、2人用】の中身リスト一覧です。

SHELTER
1人用2人用
価格(税込)11,880円18,900円
防災リュック・個数:1つ

・容量:約35L

・撥水:あり

・反射材:あり

・個数:1つ

・容量:約35L

・撥水:あり

・反射材:あり

非常食・7年保存アルファ米×3種類

・5年保存ライスクッキー×1

・5年保存野菜ジュース×1

・7年保存アルファ米×6種類

・5年保存ライスクッキー×2

・5年保存野菜ジュース×2

保存水7年保存水500ml×37年保存水500ml×6
ダイナモライト

(ラジオ)

LEDライト、AM/FMラジオ、サイレン、手回し蓄電、USB充電、(スマホ・携帯充電)×1LEDライト、AM/FMラジオ、サイレン、手回し蓄電、USB充電、(スマホ・携帯充電)×1
ホイッスル蓄光材あり・音量:95db×1蓄光材あり・音量:95db×2
簡易トイレ凝固剤不要・3回セット×1凝固剤不要・3回セット×2
体ふきシートノンアルコール・70枚×1ノンアルコール・70枚×1
マスクあり(×1)あり(×2)
レインコート長さ110cm×幅65cm×腕78cm×1長さ110cm×幅65cm×腕78cm×2
軍手あり(×1)あり(×2)
目隠しポンチョ幅99cm×高さ119cm×1幅99cm×高さ119cm×2
ランタン・LED12灯・防滴仕様×1LED12灯・防滴仕様×1
アルミブランケット213×137cm×1213×137cm×2
エアーマット長さ約190cm×幅約58cm×厚み約5cm×1長さ約190cm×幅約58cm×厚み約5cm×2
寝袋100×200×1100×200×2
ウォーターバッグ6L×110L×1
救急セットあり(×1)あり(×1)
乾電池単三×4単三×4

1人用と2人用で異なるのは、1人につき1つ必要な防災グッズの個数や、ウォーターバッグの大きさです。

家族4人用の防災セットのおすすめ(未就学児が1人)

家族4人のうち1人が未就学児の場合、3人分の防災セットを購入し、乳幼児用のグッズを買い足します。

ものすごい防災セットプレミアム【3人用】を購入し、キャリーリュックを2つ手に入れておくと避難時の負担が少なくて済みます。



災害発生時には、父母の一方が重いキャリーリュックを持って子供(4歳以上)と手をつなぎ、もう一方が軽いキャリーリュックを持って0~3歳の子供を抱っこすることを想定しています。

4人目の家族が健康な大人なら、子供の抱っこや防災セットの持ち出しを手伝ってもらいます。

注意

小学生は、基本的には1人分の防災セットを備えますが、子供用の防災リュックを備えるかどうかは子供の成長・発達を見て判断します。

 

災害という異常事態を目の当たりにしてパニックになり、動けなくなったり、親に手を引かれて避難するのがやっとだったりすることも珍しくないからです。

 

特に、子供が小学校低学年(10歳前後まで)の場合、防災リュックを持ち運ぶ体力はあっても、災害のショックに耐えられるだけの心が育まれていないことが多いです。

 

そのため、最初から子供の防災セットを親の防災リュックにまとめて入れるか、子供用の防災リュックを親が運ぶ心構えをしておくことをおすすめします。

 

子供用の防災リュックを備える場合は、防災グッズの一部を親の防災リュックに入れ、子供用はできるだけ軽くしてあげましょう。

家族4人用の防災セットのおすすめ(未就学児が2人)

家族4人のうち2人が0~3歳の子供の場合、2人分の防災セットを購入し、子供2人分のグッズを買い足します。

2人用の防災セットには防災リュックが1つしか付いていないものが多いので、防災セットは1人用を2つ購入するのが基本です。

乳幼児のために備えるグッズは種類が多い上にかさばるので、35Lの防災リュックが付いたSHELTER【1人用】を2つ購入するのがおすすめです。

シリーズ累計販売数60,000セット突破 防災セットSHELTERシリーズ

MEMO

大人のうち1人が体力に自信がない場合、SHELTER【1人用】とものすごい防災セットプレミアム【1人用】を1つずつ購入するのもありです。

家族4人用の防災セットを備えるのは時間がかかる

1~3人用の防災セットは、多くの防災メーカーから販売されています。

防災生活で紹介しているSHELTERやものすごい防災セットプレミアムにも1~3人用がラインナップされています。

しかし、4人用の防災セットとなると種類がごく限られますし、4人家族の構成によって選び方が異なるので、4人用だからという理由で購入してしまうと、家族のニーズに合わないリスクがあります。

そのため、家族構成や一人ひとりのニーズを確認した上で、1~3人用を組み合わせて購入するのが望ましいですが、どうしても時間がかかってしまいます。

こうしたことを踏まえ、早めに家族のニーズを把握して防災セットを購入し、必要なグッズを買い足しておくことが大切です。

まとめ

4人家族の防災セットを備える場合、家族のニーズに合わせて1~3人用を組み合わせて購入することになります。

1~3人用の防災セットを備えるよりも時間がかかる傾向があるので、「防災セットを備えておこうかな」と思った時点で買い揃え、必要なグッズを買い足すことが大切です。

4人用の防災セットのおすすめ
  • 未就学児が0人:ものすごい防災セットプレミアム【3人用】+SHELTER【1人用】
  • 未就学児が1人:ものすごい防災セットプレミアム【3人用】
  • 未就学児が2人:SHELTER【1人用】を2セット、またはSHELTER【1人用】とものすごい防災セットプレミアム【1人用】を1つずつ

【おすすめの防災セットに関する記事(家族の人数別)】

家族の人数記事リンク
1人1人家族用の防災セット
2人2人家族用の防災セット
3人3人家族用の防災セット
5人5人家族用の防災セット